バカゲー

『超兄貴 究極銀河無敵最強男』君は知っているか!?バカを極めた究極シューティングゲームを!

超兄貴 究極銀河最強男 :プレイステーション PCエンジンから端を発した超兄貴シリーズ、ヤバげなタイトルからは想像がつきませんが、一応シューティングゲームです。そこはかとないカルト臭が漏れ出ているのを抑えきれませんが、この突き抜けたヤバさがウケ…

『悟空伝説 -Magic Beast Warriors-』実写に着ぐるみを足して…はい!バカゲーいっちょあがり! 

悟空伝説-Magic Beast Warriors- :プレイステーションモータルコンバットを始めとした所謂実写格闘ゲームというジャンルは、それほど珍しい存在ではありません。しかし、実写が故の違和感が漂うその珍味は、日本市場では受け入れがたいものだったのです。 …

『卒業R』実写+ギャルゲー=危険度MAX

卒業R:プレイステーション洗剤のパッケージとかで"混ぜるな危険"という表記がありますよね? ゲームのジャンルでも混ぜると危険な物があります。 「実写」と「ギャルゲー」です。 実写というだけで、敬遠されがちなのに、さらにギャルゲー要素を足してみる……

ファイナルファイトの劣化コピーと侮るなかれ『ラッシングビート』

ラッシングビート:スーパーファミコン ラッシングビートを人に説明する時、「ファイナルファイトの劣化コピー」と称されることが多いのは、何故でしょうか。 それは、ラッシングビートがファイナルファイトの劣化コピーだからなのでしょう。 ファイナルファ…

実写ゲー界のレジェンド『ツインゴッデス』とは・・・・

ツインゴッデス:プレイステーション プレステ黎明期、突如として現れた期待の新星格闘ゲーム『ツインゴッデス』新しい事に挑戦する気概は大変よろしいが、結果的には‥。プレステ史に名を残した事には間違いない一品ですが、どのような内容なのでしょうか?

人生で壁にぶち当たった時、思い出すゲーム1選。『ロッククライミング 未踏峰への挑戦 アルプス編』

生きていると様々な壁が立ち塞がります。そんな壁にぶち当たった時、このゲームを思い出してください。そう『ロッククライミング 未踏峰への挑戦 アルプス編』(以下アルプス)です。壁と言っても、こっちは、岩の壁。タイトル通りのロッククライミングゲーム…

あなたの知っているテコンドーは間違っています。『ファイトフィーバー』が教える正しいテコンドー知識をあなたに。

テコンドーとは、多彩な足技が特徴の格闘技で、韓国の国技でもあります。ゲーム界にも、テコンドーを題材としたゲームがいくつか存在します。そのひとつが今回取り上げる2D対戦格闘ゲーム『ファイトフィーバー』です。 ▲外観は、オーソドックスな2D格ゲー。 …

ね~ちゃんといちゃいちゃしながら釣りしたいおやじ達待望の・・・・『おやじの時間 ね~ちゃん釣り行くで!』 

「おやじの趣味」の世間的なイメージの一つとして、釣りがあります。近年バス釣りなんかだと、若者の間で密かなブームだったりして、私も昔何度かやりました。 ぬし釣りシリーズを始め、釣りゲーというジャンルも細々ながら、その地位を確立している。ゲーム…

ミニ四駆の影にDEKA4駆あり! ミニ四駆ブームを超えろ!『DEKA4駆 ~TOUGH THE TRUCK~』

子供の頃にミニ四駆というおもちゃがありました。 ありました、というのもおこがましいほど有名なのですが、当時小学生全てが、ミニ四駆に狂っていたといっても過言ではないほどの一大ムーブメントになっていました。 改造に改造を重ね、ひたすら速さを求め…