実写ゲー

『超兄貴 究極銀河無敵最強男』君は知っているか!?バカを極めた究極シューティングゲームを!

超兄貴 究極銀河最強男 :プレイステーション PCエンジンから端を発した超兄貴シリーズ、ヤバげなタイトルからは想像がつきませんが、一応シューティングゲームです。そこはかとないカルト臭が漏れ出ているのを抑えきれませんが、この突き抜けたヤバさがウケ…

『悟空伝説 -Magic Beast Warriors-』実写に着ぐるみを足して…はい!バカゲーいっちょあがり! 

悟空伝説-Magic Beast Warriors- :プレイステーションモータルコンバットを始めとした所謂実写格闘ゲームというジャンルは、それほど珍しい存在ではありません。しかし、実写が故の違和感が漂うその珍味は、日本市場では受け入れがたいものだったのです。 …

実写版ガンダム大地に立つ!!『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』

GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH:プレイステーション マンガやアニメの実写化が溢れている現在。 ほとんどの実写化作品の評価は、散々たるものですが、人はなぜ実写化という禁断の果実に手を出してしまうのでしょうか? その禁断の果実の中にも光る物がある…

元祖アイドルマスター!『あいどるプロモーション すずきゆみえ』

あいどるプロモーション -すずきゆみえ- :プレイステーション 「アイドルへの道は一日にしてならず。」一人のアイドルが所謂国民的アイドルになるまでの道のりの厳しさは想像に難いものがあります。 そしてそれは、実写ゲーがどんなにあがいてもゲーム界の…

『蛭子能収の大穴競艇』このゲーム自体の大穴感が凄い。

蛭子能収(えびすよしかず)の大穴競艇:プレイステーション マンガ家というより、もはやタレントとして有名な蛭子能収さん。そんな彼が監修する競艇ゲーム『蛭子能収の大穴競艇』。せっかくのタレントゲームなのに、蛭子さんの姿がほぼ見当たらない!蛭子さん…

藤岡弘で遊びすぎ!『せがた三四郎 真剣遊戯』で藤岡弘を堪能シロ!

せがた三四郎 真剣遊戯:セガサターンセガサターンの覇権をさらに伸ばすべく、セガが市場に投入したホワイトカラーのセガサターン「セガサターン シロ」。そのアピールとしてダジャレから生まれた"せがた三四郎"を知っているか!?セガサターンファンはもち…

レアなジグソーパズルゲーム。『なんてっ探偵♡アイドル THE ジグソーパズル』

SIMPLEキャラクター2000シリーズvol14 なんてっ探偵♡アイドル THE ジグソーパズル:プレイステーション 北崎択著の同名マンガ「なんてっ探偵アイドル」をゲーム化した作品。恐らく唯一のゲーム化なので、とても価値ある一品・・のはずなのに何故ジグソーパズ…

実写ゲー界のレジェンド『ツインゴッデス』とは・・・・

ツインゴッデス:プレイステーション プレステ黎明期、突如として現れた期待の新星格闘ゲーム『ツインゴッデス』新しい事に挑戦する気概は大変よろしいが、結果的には‥。プレステ史に名を残した事には間違いない一品ですが、どのような内容なのでしょうか?

一枚のブリーフが格ゲー界を変える!?『ブリーフ空手』

当ブログでは、テコンドー、風雲拳といった、格闘技をテーマにしたゲームを扱ってきましたが、ブリーフ空手というものは、御存知でしょうか。 kaikogamer.hatenablog.com ↑格闘技界の風雲児。風雲黙示録。 kaikogamer.hatenablog.com kaikogamer.hatenablog.…

ストリートファイターⅡを実写にするのはもうやめましょう!『ストリートファイター ザ・ムービー』

何事においてもオリジナリティを持つことは、大切なことです。しかし、オリジナリティを追求しすぎたが為に、そのコンテンツ自体がバカオーラを纏ってしまうことになる可能性を忘れてはいけません。この『ストリートファイター ザ・ムービー』は、その典型的…

ストリートファイターⅡを実写にしたらこうなった!『ストリートファイター リアルバトルオンフィルム』が表現したかった新世代ストⅡとは!

セガサターンは、実に2D格闘ゲームに適した機体でした。ストⅡを始めとするいくつかの格闘ゲームは、パンチ、キックにそれぞれ弱中強がありますので、計6ボタンが必要になります。純正コントローラーの右手部分に6ボタンを装備していたセガサターンは、正に格…

麻雀の帝王を名乗る、究極の着衣(コスプレ)麻雀とは?麻雀ゲーム界からの刺客 『雀帝 バトルコスプレイヤー』

雀帝バトルコスプレイヤー:セガサターン 自らを帝王と称する麻雀ゲーム、それが『雀帝バトルコスプレイヤー』。脱衣麻雀とは一味違ったエロを演出しようと、新ジャンル”コスプレ麻雀”を開拓したまではよかったのだが‥。