読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休さんがゲーム化されるとこうなる。とんちは一切使わない『一休さん THEクイズ』

SIMPLEキャラクター2000シリーズ 一休さん THE クイズ:プレイステーション

f:id:nimu200x:20170126222031p:plain

「キャラゲーに良作なし」とは誰がいい始めたことなのでしょうか。キャラゲーとは、文字通りアニメや漫画のキャラを題材としたゲームの総称として、使われる言葉です。キャラ頼りで、肝心のゲーム内容がさっぱり。といったキャラゲーが多い事は、歴史が証明しています。

 かつて、SIMPLEキャラクター2000シリーズという、「無難なゲーム内容+キャラクター」をそのまんま貫いたようなゲームがシリーズ計17作も世に放たれました。2000は定価のことで、なんとこのシリーズは全て定価が2000円という非常にお買い得なシリーズです。2000円がゲーム内容に見合うかは別として・・・

今回はその中から、『一休さん theクイズ』を取り上げ、キャラゲーというものに対しての造詣を深めていこうと思います。アニメ一休さんが題材のゲームは、後にも先にもこれが初めてだと思います。

一休さん+クイズ?

 クイズゲームに何かキャラクターをのっけて一本でっちあげてしまおうという発想から一休さんに白羽の矢が立ったことまで想像できます。

そもそも、とんちとクイズは別物だと思うのですが・・

”たくはつ”に急げ!クイズしながら。

メインモードとなる"個人問答"では、”たくはつ”に向かう一休さんが道中出会う様々な敵(さよちゃん、新右衛門さん、和尚)とクイズで闘っていきます。彼らのクイズを挑む同期がが、暇潰しに付き合えだったり、人探しに付き合って欲しいので一休さんの邪魔をするだったりとなかなか迷惑な連中です。

 クイズで領土を取り合う『殿様の野望』や、クイズしてると子供が成長する『子育てマイエンジェル』等と比べると、マシな動機と言えるかもしれません。

 

f:id:nimu200x:20170126224236p:plain

 凄む和尚。一休さんを寺から追い出すためにクイズで挑んでくる。"たくはつ"に向かう途中にクイズで遊んでたら当然の報いですね。

 

f:id:nimu200x:20170126224353p:plain

一休に勝利しガッツポーズを決める和尚。

 

クイズに挑む一休さん。とんちはナシ。

一休さんに挑んでくるキャラ達は、実に様々なジャンルのクイズを浴びせてきます。このゲームには、アニメ一休さんの看板要素とも言える「ポクポクチーン」でお馴染みのとんちの要素が一切ありませんので、一休さんであるプレイヤーは、用意された4択の選択肢から正解を選びます。

ジャンルは、多岐に渡りますが、「アニメ 一休さん」がネタになっているクイズは皆無です。その代わりに、

Q. 第2次世界大戦中に活躍した旧日本陸軍の主力戦車といえば?

A. 97式中戦車

 

Q. 競馬の競走馬がレースに参加できる馬齢は何歳まで?

A. 制限なし

 

Q. パチスロ台と台の間にあるコインの貸出機のことを何という?

A. サンド

 

といった知識をガンガンたたき込まれていきます。このSIMPLEキャラクター2000シリーズがバンダイと共同開発ということで、妙に”ワンダースワン”問題が多いのも特徴的です。

f:id:nimu200x:20170126223638p:plain

ワンダースワン問題で一休さんを手こずらせるさよちゃん。

 

”ワンダースワン版「With you ~みつめていたい~」で、鳴瀬真奈美が旅立った先は?”和尚に問われる一休さんはこのゲームでしか見る事が出来ません。正解はミャンマーだそうです。知識がまた増えました。ありがとう和尚!

知識も増えるし、2000円だしこれは買いだね!

とんちは使えないものの、操作性も悪くなくクイズゲームとしては、及第点です。フルボイスとはいきませんが、一休さんの声は原作通り藤田淑子さんがあてているので、一休さんファンはとりあえず買いでしょう。ゲームを進めることで手に入るグラフィックもファン必見!?

ただ、

パチンコ用語で「ネカセ」というのが台の傾きのことを指すこと。や、

山佐のパチスロ「パルサー」シリーズに登場するキャラクターが「カエル」

っていう知識は一休さんから学びたい知識ではないですね。

 

f:id:nimu200x:20170126225942p:plain

一休さんにパチスロ「パルサー」について問う和尚。シュール!

 

f:id:nimu200x:20170126225452p:plain

ゲームを進めていくと上のようなセクシーショットの画像も追加されるぞ!一休さんのふんどし姿がご褒美のゲームはこれだけだ!

 

というわけで、キャラゲーというものの片鱗を少しは味わっていただけたでしょうか?とは言う物のこの一休さん+クイズという組み合わせは、SIMPLEキャラクター2000シリーズでは割とまともな部類に入ると思います。機会があれば他のシリーズ作品にも触れます。まだまだキャラゲーの闇は深いのだ‥。

 

SIMPLEキャラクター2000シリーズVol.07 一休さんTHEクイズ

SIMPLEキャラクター2000シリーズVol.07 一休さんTHEクイズ

 

 

一休さん~母上さまシリーズ~第3巻 [DVD]

一休さん~母上さまシリーズ~第3巻 [DVD]

 

 

↓レトロゲームランキング参加中!クリックしていただけると励みになります。 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村