読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”S”は”ショボイ”の”S”かな!『飛龍の拳S ゴールデンファイター』 

飛龍の拳S ゴールデンファイター:スーパーファミコン

飛龍の拳S タイトル

 心眼システムで人気を博した飛龍の拳シリーズがスーパーファミコンにやってきた!その名も『飛龍の拳Sゴールデンファイター』!(後に、ハイパーバージョンも)”S”はスーパーの”S”かと思いましたが、プレイしてみる限り、違う気がします。

飛龍の拳とは

飛龍の拳は、ファミコンからシリーズ展開されている2D横スクロールアクションです。

シリーズ自体は、2000年に発売されたゲームボーイ版 「飛龍の拳列伝 GB」(初回限定版には、ファミコン版 飛龍の拳3が付いてきた・・・)を最後に以降のシリーズ展開は途絶えてしまいましたが、いまだにシリーズ復活を望むファンもいるようです。

今回、取り上げる『飛龍の拳S ゴールデンファイター』は、スーパーファミコンで発売された飛龍の拳シリーズ第一弾になります。

f:id:nimu200x:20160922004209j:plain

左のイケメンが主人公の”りゅうひ”

ファミコンのシリーズと同様に、2D横スクロールをメインに据えつつ、さらに、その中のボス戦のシステムを使用したVSトーナメントモードを楽しむことができます。

f:id:nimu200x:20160922004216j:plain

"S"って"しょぼい"とか"しょっぱい"って意味ですか?

 しかしこのゲーム、操作性が恐ろしく悪い。という以前に、ゲーム画面がすごくガクガクしています。写真でお伝えすることが出来ないのが残念ですが、

そのガクガク感と来たら、私の父がこのゲームをプレイするやいなや、スーパーファミコンが壊れたと思って、近くのゲームショップ(わんぱくこぞう。←懐かしい)に持ち込んだほどです(実話)

効果音やBGMはなかなかカッコよかったりするのですが、

とにかく操作性がまったく受け入れられず、最後までクリアすることは、出来ませんでした。

オープニングタイトル表示の際の「ひりゅうのけん(棒読み)」という妙にやる気がないボイスと、ジャンプした時の「おりゃぁ・・(脱力感)」で、友達と笑えた事が、小学生だった私にとって唯一の救いとなったゲームでした。

『飛龍の拳S ゴールデンファイター』発売の3か月後、『飛龍の拳S ハイパーバージョン』が発売されています(なんとフルプライス での発売!定価9700円)。

ハイパーバージョンは、一部処理落ちの改善、モードの追加等、ゴールデンファイターの完全上位互換と言える作品ですので、今から飛龍の拳 Sを始める人(いません)は、ハイパーバージョンをやってください。ガクガクも減ってます。ボイスも健在です。

 

f:id:nimu200x:20160922004222j:plain

”むづかしい” って・・・・・

↓レトロゲームランキング参加中!クリックしていただけると励みになります。 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

テトリス武闘外伝

テトリス武闘外伝

ぷよぷよテトリス 特典なし

ぷよぷよテトリス 特典なし

ぷよぷよテトリス 特典なし

ぷよぷよテトリス 特典なし