読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『蛭子能収の大穴競艇』このゲーム自体の大穴感が凄い。

蛭子能収(えびすよしかず)の大穴競艇:プレイステーション

蛭子能収の大穴競艇 タイトル画面

  マンガ家というより、もはやタレントとして有名な蛭子能収さん。そんな彼が監修する競艇ゲーム『蛭子能収の大穴競艇』。せっかくのタレントゲームなのに、蛭子さんの姿がほぼ見当たらない!蛭子さんは一体何処に?

蛭子さんと競艇

競艇といえば、日本で認められている公営ギャンブルのひとつであり、所謂ボートレースの着順を予想するギャンブルです。
蛭子さんが3度の飯より競艇が好きな事は、あまり知られてないようですが、趣味極まってゲームを発売してしまうぐらいですからその熱は相当なものでしょう。

賭博麻雀で捕まってみたり、ローカル路線バス乗り継ぎの旅でプチブレイクしてみたり、遠くから見てる分には愉快な人、としてお茶の間を沸かせる蛭子能収氏と競艇の組み合わせ。一見、食い合わせは良さそうな感じがするのですが・・?
 

選べる3つのゲームモード

競艇場や選手のデータベースが閲覧できる「データベース」を始め、自分が選手となってボートレースに参戦する「レースモード」では、プロフィールを自分で設定し、全国の競艇場で賞金を稼ぎ歩いたりの競艇ライフを楽しめます。(ちなみに、プロフィールのデフォルトは蛭子能収である)
蛭子能収の大穴競艇 プロフィール
蛭子さんを操って1着を目指す。

モーターを抽選でモーターGET、ペラを選んだら、水上にGO!
青々と広がるプールに波は立っていません。

ああ、自分のボートがまるで青いコンクリートを疾走しているようではないですか。
競艇onコンクリート。蛭子さんにとって、波の要素なんぞはどうでもいいものだったのでしょう。
蛭子能収の大穴競艇 レース画面
ボートを手足のように操って、上位入賞を目指せ!コンクリートの上で!

ついでに、コーナーにある赤白風船にぶつかっても、ゴリゴリという接触音だけ(こっちもコンクリート製か?)で、転覆とかは絶対しない仕様となっております。
転覆は下手すると命に関わる危険な要素です。
愛と平和とギャンブルを愛する蛭子さんが、安心で楽しい競艇ゲームを作る上で、転覆は不要と判断したのでしょう。

当然敵ボートに接触しても転覆は起こりません。
が、それ以前に、接触すらおこらず、2つのボートが同化してしまっているのは、蛭子さんに深い考えがあってのことでしょうか。(答え:手抜き)

蛭子能収の大穴競艇 モーターくじ引き
モーターも抽選なとこが地味に本格的。性能差が感じられませんが‥。

もうひとつのメインモード、身も蓋もないネーミングの「ギャンブルモード」では、実際に投票券を買って配当を稼ぐことができます。

一応、「全国モーターボート競走会連合会」公認ということで、出場する400名近くの選手は実名です。

少なすぎる蛭子さんの出番

ここまで、駆け足で本作を紹介してきましたが、全編を通して蛭子さんの出番が少な過ぎ!

・レースモードのデフォルト登録名が蛭子能収。
・競艇場の開設を蛭子さんがしてくれること(ボイスはない)
タイトル画面で蛭子さんが親指をたてている。

というぐらいしか、蛭子さん要素はなく、蛭子さん目当てでこのゲームを手に取った人(いるのか?)にはあまりにもな仕打ちじゃないですか!
蛭子能収の大穴競艇 解説してくれる蛭子さん
宮島について解説してくれる蛭子さん。

結局、400人近い選手のデータベースぐらいしか誉められた点がないのは頂けません。(しかも今となっては古いし‥)
腐ってもタレントゲーなら藤岡弘さんを見習ってほしかったところです。

いかに競艇好きの蛭子さんといえど、このゲーム自体が大穴だったことは予想できなかったんだなぁ。



↓レトロゲームランキング参加中!クリックしていただけると励みになります。 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村