読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニ四駆の影にDEKA4駆あり! ミニ四駆ブームを超えろ!『DEKA4駆 ~TOUGH THE TRUCK~』

子供の頃にミニ四駆というおもちゃがありました。

ありました、というのもおこがましいほど有名なのですが、当時小学生全てが、ミニ四駆に狂っていたといっても過言ではないほどの一大ムーブメントになっていました。

改造に改造を重ね、ひたすら速さを求め続けるストイックなこの競技は、ちびっこの心を鷲づかみにし続けるだけの熱量を放っていました。

今回取り上げる「DEKA四駆 ~TOUGH THE TRUCK~」は、そんな小さな走り屋達の「自分のマシンに乗って走りてェ!」という夢を叶えるカーレースゲームです。さあ、でっかくなっちゃったミニ四駆、つまりデカ四駆に乗って、あらゆるコースを縦横無尽に走りまくろう!

という期待を抱いてこのゲームを手に取った人がいるかは、分かりませんが、大方の予想通り、このゲームは、ミニ四駆とは関係がありません(なんだって!?)。そうではなく、常識を超えたデカい四駆→DEKA四駆で峠を爆走せよ!!というテーマのゲーム・・・といったことでもないのです。

DEKA四駆とは、「ミニ四駆よりデカい四輪駆動の車」を指していますので、登場する車は全て普通の車の大きさです。確かに、ミニ四駆基準でみれば、普通車は大分DEKAいので、文句のつけようがありませんね

発売時期からして、ミニ四駆をパロったタイトルであることは、疑いようがなく非常に胡散臭いですが、ゲーム内容は、思ったより硬派です。

 

「DEKA四駆 ~TOUGH THE TRUCK~」は、DEKA四駆と呼ばれる、4輪駆動のトラックを操って、フルポリゴンで描かれたオフロードを、ガシガシ進んでいくレースゲームです。

トラックなので、普通の車よりは大きいはずなのですが、まるでトミカの不良品が砂場をガタガタ走っているように見えてしまうのは、気のせいでしょう。視力の酷使を強いられる時代に生まれてしまった我々の目の方に原因があると言わざるを得ません。

 

f:id:nimu200x:20160831225955j:plain

また、舗装されている道路ではなく、ほとんど山道と言っていいオフロードを走ることにこのゲームの意義があります。挙動がリアルか判断しかねますが、3人称視点(車の後ろから自車をみる視点)からでも、車の揺れを感じとれるような感覚です。実際、プレイしていると車酔いみたいな気持ち悪さを感じてコントローラーを置いてしまいます。この感じは、DEKA四駆でしか味わえない気がします。(私が他のゲームで酔ったことがないというのもありますが)

酔いに耐えられる方で、トミカ(特にトラック)が好きな方には、おススメできるゲームです。ミニ四駆に思い入れがあるかどうかは、関係ありません。

 

 

 

近所の中古ゲーム屋でミニ四駆が売られているのを見て、懐かしさと共に、これを思い出してしまいました。ホントに酔ってしまうので、総プレイ時間は相当短いのですが、今までになかった挙動を感じたのは事実なので、機会があったらプレイしてみてください。プレステでも発売されているようです。

 

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ